親か子供ためなら躊躇せずに貸すがそれ以外は貸さない

・子供は最優先:子供のためには、無理をしてでもお金を貸したいと思います。ただ、借金をしてまではいかないと思います。借金は、自身の首を絞めることになるので無理だと考えます。自身の所持範囲なら、金の使い道を聞いた上で貸しあたえると思います。やはり、自分の子供なので、なんでもかなえてやりたいという意識が強いためだと思います。
・親は2番目:親は、自分を育ててくれたことで感謝しているので、無理をしてでも貸すと思います。親には、老後は楽にしてやりたいという気持ちも強いので、使い道を確認したうえで貸すと思う。
・兄弟には貸さない:兄弟間でお金の貸し借りをすると、兄弟間の中がギクシャクすることになると考えているので貸さないと思う。兄弟は他人の始まりとも言われるとおり、他人的側面と血のつながりもある2面性があり、兄弟間で感情的なもつれが生じたときに、血のつながりがあるからと甘えがでてきて、金に関しては、こじれる第一のものではないかと思うので、絶対に貸さない。もし、貸すとするならば、、贈呈することにした方が良いと考えている。
・友人、知人、同僚には貸さない:基本的には、兄弟と同じ考えだが、全くの他人なので、どちらかというと銀行とか貸金業者で借りてもらうよう勧める。友人の場合は、お金を貸しても戻ってくる保証もないし、親密な友人であれば、友人との絆が崩れてしまうなど弊害多いと思う。友人だけに、貸さないと色々と文句を言われたりして、友情にひびが入るかもしれないが、長い目で見ると、貸さない方が、友人として長くつきあうことができると考える。知人や同僚も友人と同様に考える。ただ、貸す金額100円までなら、ある程度貸す可能性もあるが、大抵の場合、少額のお金でもだんだんと調子に乗ってくる可能性が高く、何度も何度も貸してくれと言われかねないので、基本的には貸さないと考える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>